1 私の”京都市バス事件” 投稿者:京都市民  投稿日:05月22日(土)20時28分14秒

私が京都駅から百万遍まで市バスに乗ったときの話です。
降車するときに千円札を両替しようと降車口にある両替機に札を入れたところ、紙幣は吸い込まれたものの硬貨が出ず、運転手に「あのう、紙幣の返却もできないし硬貨もでないのですが」と話すと、一言「わしはあんたが紙幣を入れるところ見てないんや」といわれました。
私はその日夕刻までに済ませなければいけない急用があり、こんなやっかいなことに巻き込まれてはいけないと考え、もう一度、別の千円札を入れたところ、また同じように機械に吸い込まれたのに両替できません。その場面を運転手は見ていたので、さすがに私も抗議したところ「機械の不良は管理会社に言うてや、ワシの知ったことやないねん!」とのありがたいお言葉。そこで私も完全に切れました。日頃、京都市バスが市民の間で悪評を得ていることを知っていた私は、「バスの運転手はダンプの運ちゃんと違うんだ。砂利を運んでいるわけじゃない。お客さんを目的地まで運ぶのが使命じゃないか、機械の不備があれば客のために運転手が対応するのが筋だろう」と話したところ、突然、この運転手は、道のど真ん中で急ブレーキをかけ立ち上がり、「うるさい客やの、何度言うたらわかるねん」と私を怒鳴りつけました。そしてやおら急発進すると、降車の他の客が入るにもかかわらず次のバス停を無視して走り抜けたのです。情けないことに私は両替もできず料金を払うこともできず、そのまま北小路のバスターミナルまで連行されてしまったのです。 
 そこでこのバスターミナルの京都市バスの係長さんに事情を話したところ、「まあ、ちょっとした行き違いはよくあることですよ」と、木で鼻を括ったような返事ばかりで全く埒があかない。私は自分の身分を明かし、お互い正式な話し合いの場を設けた方が良いだろうと名刺を見せたところ(けして私は水戸黄門的に自分の身分を明かしたわけではありません、一介の町医者にすぎません)、この部長さんは私が医師であることを知って態度を急変させ、とってつけたような丁寧な口調に変わったのです。
「私も管理者として今後気をつけますので、申し訳ありませんでした」と戻ってこなかった2千円を返し追い払おうとするではありませんか。私はこの係長の態度にも怒り、「もはやこの問題は私という一人の被害者の問題ではない。こんなことを許したならば市バスの運転手達をますます甘やかすばかりで、いっそう悪くするばかりだ。京都市は観光地なのだから、県外や外国の方も市バスは利用するだろう。そのためにももう少しまともな対応が取れないのか? このことを京都市の交通課に報告書として提出して下さい」と話したところ、ことの重大さがしだいにわかりだしたのか、今度はどうかそれはお許し下さいと平身低頭になるばかり。あまりにこの男がおびえだしたので、なにか深い事情があるのだろうとそのことを問いただしたところ、問題の市バスの運転手(山田)は組合活動のボス的な存在で、もしそんなことになれば自分は血祭りに上げられてしまう、というではないですか。全く話がかみ合わずその日は取りあえず帰ると、翌日、バスターミナルの統括責任者と前日の係長がお詫びに伺いたいので、是非私の職場まで行きたいと電話があったのですが、私は「当事者のバスの運転手に事情を確認したのかと」尋ねたところ、二人とも一言も事情を確認していないのです。さらに私はこの統括責任者に「事情を確認して1週間以内に報告書を提出せよ」と粘ったところ、「どうかそればかりはホンにお許しを」と繰り返すばかりで話は全くの平行線状態。
 さらに後日私がターミナルに出向き、この責任者に詰め寄ったところ、「この問題の背後には今、京都市バスや市役所が抱えている深刻な問題があるのです。私たちも前向きに取り組もうとはしているものの、率直に言って難しいのです」と語り、そのとき彼ら管理者達が怯えていた「深刻な問題」が一体何であるのか、私にもようやくわかったのです。これは京都市が抱える恐ろしく質の悪いアンタッチャブルの問題です。おそらく京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。この問題は何一つ進展していませんが、私はふとした偶然から、京都市が陥った闇の奥深さを知ることになったのです。
 京都市の市バスの職員の給与は、大赤字にもかかわらず50歳以上で年収1000万円以上、また、定年間際だと1400万円にも達します。私は何もバスの運転手が卑しい商売だなどとは全く考えていません。こんな事件があっても使命感をもって日夜仕事に従事しておられる方も少なくありません。しかし、民間のバスならばいざしらず、大きな赤字のつけを市民に回しておいてこんな法外な年俸を払っている市町村は私の知る限り他に例がありません。このサラリーは京都大学の教授を上回っています。
実はこのことも京都市の闇の問題が深く関わっていることを最近知りました。
どうかこの闇の問題に詳しい方、京都市をどうすればいいのか教えて下さい。

2  投稿者:>1  投稿日:05月22日(土)20時49分15秒

官房長官にきくといいよ。

3  投稿者:京都市の闇の根元は  投稿日:05月22日(土)20時50分32秒

日共民青=極悪カルトです。

4  投稿者:元京都市民  投稿日:05月22日(土)20時59分09秒

>私は何もバスの運転手が卑しい商売だなどとは全く考えていません。
>京都に長年お住まいの人にはこのアンタッチャブルの問題がピンと来るはずです。
>この問題は何一つ進展していません。

文脈から察するに、要は下記のようなことをおっしゃりたいのでしょうか。
もしうがった見方でしたらご指摘下さい。

・京都市バスの職員には多数のいわゆる童話地区出身者が在籍している。
・彼らの組合も童話関係の団体と密接な繋がりがある。
・長年の暗黙の了解で京都市は彼らに高給を出してきた。
・下手に問題を起こすと童話団体を敵に回すため京都市側も少々のことには目を
 つぶらざるを得ない状況に陥っている。
・こんな状況は望ましくないが簡単には解決できない。今後どうしていくべきか。

5  投稿者:まあネタかもしれんが  投稿日:05月22日(土)22時02分03秒

こりゃ有名なハナシだよ。夏になると入れ墨の透ける運チャンもいるし。
友好関係にはないタクシーの運チャンに聞くと堰を切ったように色々教えてくれるぞ。
彼らの多くはボクらとは国籍は異なるが、親方日の丸でないぶん彼らの方に親近感を感じる
ようになるよ。

6  投稿者:これがほんとうなら  投稿日:05月22日(土)22時03分23秒

まさに逆サベツ。

7  投稿者:あのタクシー会社  投稿日:05月22日(土)22時04分33秒

やっぱり好きです。

8  投稿者:金森 仁志  投稿日:05月22日(土)22時15分32秒

私の自宅から数キロのところにあり、職場の近くにもあたる横大路営業所は、
一昨年の地下鉄東西線の開業で廃止された醍醐営業所とともに赤字ワースト
1・2位?を争っていました。すでに地元新聞紙上では来年度中をめどに
運行業務を阪急バスに委託する計画が発表されています。なんといっても
横大路営業所では人件費が1年間で20億円もかかるらしく、1営業所だけ
で毎年10億円以上の赤字を出していることから、民間バス会社に運行業務
を委託することで人件費の圧縮を考えているとのこと。私の職場は業種が
類似した運送業(トラック運転手)ですが、素人の私が考えてみてもこの
人件費はあまりにも異常ですよね。

このような事態になってしまったのは昭和53年の市電全廃から昭和56年
の地下鉄烏丸線開業まで運転手不足になって市電からの移行組を含めて大量
に運転手を採用し、その後財政難に陥ったため新規採用をストップしたこと
に大きな原因があります。従って運転手の年齢構成が50代以上にかたよる
いびつな構造になっています。毎年定期採用を行っている大阪市と比べれば、
その差は歴然。しかも大阪市には20〜30代の若年ドライバーや女性ドラ
イバーもおり運賃も200円と京都よりも安く乗客の評判も良くなっている
そうです。定期採用を行わなかった京都市ではそのツケが今まさに回ってきて
いるわけですね。退職金も市民の税金から支払われるわけですから、財政難
を理由に長期間採用を行わなかった市当局の責任は重大です。また若年層が
少ないことは職場の士気低下につながることはいうまでもありません。

なお京都市営バスの経営状況ですが、赤字を出しているのは主として横大路
や洛西のような郊外を走る路線で市内中心部を走る路線は黒字の路線が多い
と思いますので、すべての系統が赤字というわけではありません。確か一番
儲かっているのは東大路通りを走る206系統ではなかったでしょうか。
上で紹介した横大路営業所は市バス全体の赤字の40%を占めていたはずです。
まあ、いずれにしても職員の間に「走れば走るほど赤字」という意識がある
限りは上の投稿者の方のような乗客とのトラブルは絶えないでしょう。加えて
人身事故も多発していて、今年すでに10件も発生しています。2か月ほど前
には走行中の市バスが歩道に乗り上げて電柱をなぎ倒すというとんでもない
事故がありましたから。市バスの安全対策はどうなっているんでしょうね。
ただ私は京都市民でありながら市バスを利用することはほとんどありません。
せいぜい月に1回ぐらいかな。やっぱりクルマのほうが便利ですからね。

あっ、それと最後になって思い出したんですが、京都市では確か市の職員
全員に市バス・地下鉄の無料パスが支給されていたと思います。交通局や
市役所はもちろん、区役所に水道・環境・消防局に至るまですべての部局
でです。ですから毎日の通勤はもちろん休日も市バス・地下鉄乗り放題!!
しかしただで通勤する市職員のために満員の地下鉄や市バスに乗らなければ
ならないわれわれ一般人は本当に哀れですね。これには言葉もありません。


9  投稿者:なんだかな  投稿日:05月22日(土)22時21分05秒

京都って外から見たら由緒正しい街に見えるけど実際住んでみるといろいろな問題はらんでいるよね。(見ない振りが正しい京都人)
でも根っからの京都人はそれが当たり前なんだけど、大阪や東京と違うのも自覚してるから東京を極端に嫌って(大阪はあまり言わないなぁ)違う街に住むのを極端に嫌います。

10  投稿者:京都は  投稿日:05月22日(土)22時44分13秒

水道も握られています。

11  投稿者:他山の石  投稿日:05月22日(土)23時03分58秒

この国にも、やがてミロ君が登場して、きれいにしてくれるでしょう。
でなければ鞍馬天狗、いや白馬童子が・・・・アレッ?

12  投稿者:>8  投稿日:05月22日(土)23時49分35秒

>あっ、それと最後になって思い出したんですが、京都市では確か市の職員
>全員に市バス・地下鉄の無料パスが支給されていたと思います。交通局や
>市役所はもちろん、区役所に水道・環境・消防局に至るまですべての部局
>でです。ですから毎日の通勤はもちろん休日も市バス・地下鉄乗り放題!!
ほんとですか? さすが京都市役所(^-^)
ちなみにわたしが給料もらってる市役所では通勤は無理やり市営バスを
使うようになっていてしかも通勤費は定期券の現物支給です。
市営バスこれでも赤字ですけど。

でも事故が多いのは道路のせいでしょう。あんな狭い道を
軒先削るようにして走ってたら事故ぐらいおきるのは
当たり前です。バスに乗ってあんなに怖い思いをしたのは
香港と台北と京都(笑)

13  投稿者:>1>8  投稿日:05月23日(日)00時00分45秒

同じ人間じゃないの!
上手くあおっているね、
名前まで出して

悪意を感じるんね。

14  投稿者:一市民  投稿日:05月23日(日)00時17分53秒

京都は確かに表だけでは判らない部分があります。
本にもなった「白足袋衆」白足袋を履いている代表的な
人には逆らってはいけない。逆に無理なことでもこの人達
を通じれば簡単にできてしまう等々・・・・

触れてはいけないものはあると思います。

15  投稿者:東北の高校  投稿日:05月23日(日)00時30分49秒

修学旅行は京都、大阪だったが、旅行のためのオリエンテーションで、関西地区は人権問題を抱えている土地であることを初めて知った。歴史上の事実として、教科書に載っている事は把握していたつもりだったが、現代にまで及ぶものであったとは思いもよらなかった。東北の、まして問題のことを全く知らない高校生をわざわざ関西につれて行くことや、オリエンテーションと称して地区問題について説明をしたり、こういう言葉は使うなと注意をすること自体、寝た子を起こすようなものだと思った。東北の高校は、素直に北海道に行けばいいじゃないか。と、言いたい。
テーマとずれて、ごめんなさい。

16  投稿者:おいでやす  投稿日:05月23日(日)01時42分06秒

ボクがバスの追突事故見たのは四条通りだったがそう極端に狭い道とは云えまい。
それはそうと京都でビックリするのは外車の多さ。ロクな産業もないのにワケの分からない
カネ持ってる奴がいかに多いことか。言い換えれば稼いで来る人にウジ虫の様に食らい付く
連中がたかってくるマチ。本当に東京大阪がいかに住みやすいか思い知らされます。

17  投稿者:なるほどね  投稿日:05月23日(日)02時36分20秒

グリコ森永犯わかってても逮捕できないわけだ。

18  投稿者:バスの運転手  投稿日:05月23日(日)03時16分09秒

従弟が別の町でやっております。
以前、時速8kmでぶつかって、とろくさい姉ちゃんが怪我して、人身事故と言う事で
始末書かかされて、わし一つも悪い事ないのにもう一回やったらクビだぁとかぼやいてました。
うーみゅ。もろ追突事故ですか。 ぞぞぞ (かわいそ)

19  投稿者:>16  投稿日:05月23日(日)03時56分50秒

確かにそうですね。>外車
でも京都って超大企業じゃないにしても優良企業は多いですよね。任天堂を筆頭に。あと詳しく知らんが、お茶とか花、宗派の総本山とかあってお金が集まるんでしょう。
なんと言っても観光収入もかなり大きいじゃない?あんな狭い町に大勢来るから窮屈でたまらん。
でも実際は貧富の差が激しそう。北と南で。(京都駅を起点に)

20  投稿者:>16  投稿日:05月23日(日)04時11分22秒

確かに外車が多いけど、外車率で言えば芦屋には全然かなわんぞ。
いかりスーパーの芦屋の本店は下手すると駐車場の半分がベンツとBMW
だったりする。まあこのスレッドとは関係ないけど。

21  投稿者:○落ですな  投稿日:05月23日(日)05時50分05秒

京都の○落問題について書かれた面白い本(タイトルを忘れました)がありましたが、
今も売っているのでしょうか?
これを読んだら、一般の京都市民は激怒する内容でした。

22  投稿者:>7  投稿日:05月23日(日)07時05分23秒

>あのタクシー会社 やっぱり好きです。

MKですね!

23  投稿者:京都は恐ろしいところ  投稿日:05月23日(日)09時46分51秒

>1これは京都市が抱える恐ろしく質の悪いアンタッチャブルの問題です。

 私は東京から京都の市内に移り住んだものですが、1)の人のアンタッチャブルと同じ言葉を警察官から聞いたことがあります。東京に住んでいた頃の京都というイメージは観光都市であり雅やかで、悪いところをあえて探せば寒暖の差が激しいとか、そんなイメージしかなかったのですが、実際にそこに住んでみると1)の人の言う通り、いろいろ複雑な問題を抱えている都市であることがわかりました。
 それは5歳になる私の娘が交通事故に遭ったことから始まりました。当時私たちが住んでいた地区に隣接する公営住宅の周りの道路は公道であるにも関わらず、違法駐車の巣窟のような所で、娘は車と車の間から道へ飛びだし、そこを通過した車に接触したのです。幸い、けがは打撲程度ですんだのですが、一応、近くの下鴨署で事故の調書を取るということで、父親である私も立ち会ったわけです。事故を起こした運転手は良心的な方だったので、事故に関してはすぐに解決しました。その後、担当の警察官と雑談している際、この地区の住人達が公道をペンキで囲み自分達の駐車場として使用していることに私は不審を抱き、「京都の警察署は違法駐車に関して非常に厳しく取り締まっているはずなのに、なぜあの地域だけは、全く手つかずの状態なのか」と尋ねました。その時初めて、この警察官からあの地区はアンタッチャブルだという言葉を聞きました。あまりに違法駐車がひどいので、一度一斉に取り締まったことがあるのだけれども、その後から大変なことが起きたそうです。何でも街宣車が数台警察署の周りを取り囲み朝から晩まで署長から交通課の警官達まで悪口雑言をマイクでがなりたてたそうです。それ以来、警察も恐れて、公園の周りを除いてこの地区の公道が違法駐車可になったのです。
 私はこのご時世に、警察が介入できない無法地区が香港ではなくこの日本の中に存在していることに驚愕しました。それは街の中心です。しかも警察ですら怯えてしまう団体が存在するとは!京都市が陥った闇の奥深さはいろいろなところに深刻な問題を投じているにもかかわらず、マスメディアは勇気を奮ってこのような問題を記事にできないのです。もしも利益供与や何らかの利害が生じて警察が行政上の手続きをある団体や住人に対して行使しないという事態が起きればマスメディアは一斉に記事に書き立てるはずでしょう。新聞は反権力を標榜しながら、子供にでもできる政府批判は口にするものの、闇の権力といってもいい、このような問題や池田小作に関する事件などは絶対触れようとはしません。
京都は外部のものにとっては本当に不可思議なところです。
今では私たちは郊外に移り住み、京阪電車で京都へ通っています。

24  投稿者:善意の京都市民  投稿日:05月23日(日)09時57分26秒

市Bの運転手仲間には運送会社の運転手などもいて、定期券見せるふりをしてただ乗りしています。
そんなのが組織している市職労は、昨夜も四条通りをデモ。
童話や裏事情知っている市民の支持を得られるとでも思っているのか、え!